お知らせ


ひるまえ直送便 鉢物 パンジー・ビオラ

 

今日はスミレ科の仲間

パンジーとビオラを紹介します。

VR_MOVIE.mpg_000012665

 

 

 

最初にパンジーを紹介します。

VR_MOVIE.mpg_000054766

パンジーは花が大きく、

花の中心に黒い目があるのが特徴で、

育てやすい花です。


品種は1000種ぐらいあります。

さまざまな種類があり、

花びらの色や、目の色が異なるので

お好みのもの探して楽しんでもらえると思います。


パンジーの中には

下の写真のような種類もあります。

VR_MOVIE.mpg_000093384

フリンジ系のパンジーです。

暖色のものから寒色のものまで種類が豊富に揃っていて

人気があります。

少し上品にみえるパンジーです。


次にビオラを紹介します。

VR_MOVIE.mpg_000129722

パンジーより少し小ぶりで

品種は1000種近くあります。

新しい種類が多く増えている人気の花です。


パンジーもビオラも

「育てやすい」のが魅力で人気があると思います。

今の時期、寒くなっていますが、

水やりのポイントをおさえればパンジーやビオラはしっかりと咲きます。


そのポイントとして

午前中に水やりをすることで

水が凍ってしまうことなく、しっかりと咲かせることができます。


育てるのも簡単で、かわいい花がつくパンジーやビオラ

楽しんでみるのはいかがでしょうか!


ひるまえ直送便 切花 プロテア

 

今日は花の王様

プロテアを紹介します。

 

VR_MOVIE.mpg_000015724

 

南アフリカやオーストラリア原産の大きな花を咲かせる花です。

主に南アフリカ産から9月~12月ごろに輸入されます。

ちょうど今の時期にお店で見ることができます。


 

品種は100種もの種類があります。

赤や白、ピンクなどの色の種類が豊富にそろっています。

その中でも今日紹介する品種はキングプロテアです。

VR_MOVIE.mpg_000093521

プロテアの中でも大きく、花の直径が30cmぐらいになる大きな花です。


家でプロテアを楽しむためのポイントがあります。

ポイントになっているのが水替えです。

あまり頻繁に水を替える必要はないのですが、

水が濁ってきたら替えてあげてください。

きれいな水に替えることで、2週間からそれ以上花を楽しむことができます。


最後にプロテアを使ったアレンジを紹介します。

VR_MOVIE.mpg_000148020

プロテアの花が大きく、ダイナミックな仕上がりになっています。

プロテアが豪華な花なので、小さな小花やグリーンを添えるだけで、

十分インパクトのあるアレンジができあがります。

贈り物などにもいいと思います。

 

今の時期が丁度見ごろのプロテア、是非お店で見つけてみてください!


ひるまえ直送便 鉢物 ガーデンシクラメン

 

今日はガーデンシクラメンを紹介します。

 

VR_MOVIE.mpg_000022254

 

12月などの年末にあるシクラメンは贈答用のシクラメンですが、

今日紹介するのはお庭で気軽に楽しんでいただく、ガーデンシクラメンを紹介します。


色の種類が多いので少し紹介します。

まずは赤系のガーデンシクラメンです。

VR_MOVIE.mpg_000070432

 

濃淡があり、バリエーションも多いので選ぶのも楽しめると思います。


 

 

次に白系のガーデンシクラメンです。

VR_MOVIE.mpg_000090516

 

微妙に違うのですが、

真っ白と、ちょっとクリームがかかった色もあります。

置く場所や、他の花との合わせ方で変えてもらうと楽しめるのではないかと思います。


 

 

縁に白がはいったピンクと赤のガーデンシクラメンです。

VR_MOVIE.mpg_000117914


最初に見てもらった赤系のガーデンシクラメンと比べると、

少し変化があってまた違った楽しみがあると思います。


また花びらに可愛くフリルがついたものもあります。

VR_MOVIE.mpg_000132200

 

ガーデンシクラメンをお庭で楽しむために・・・


まず場所選びですが、

ジメジメしてない、風通しが良い

水はけが良いところが一番いいです。


水は

表面が乾いたらたっぷりと水やりを行うのがいいです。

しかし、これから寒い時期になります。

寒い時期、午後に水やりをすると凍ってしまい根がいたんでしまうこともあるので

今からの時期は午前中に水やりをするのがベストです。


肥料ですが

固形のゆっくり効くタイプの肥料をおくと

花を長く楽しんでもらえます。


写真のようにしおれた花がある時は

VR_MOVIE.mpg_000250541

 

まめに取ってあげてください。

そのままにしておくと病気になり、株が弱ってしまいます。


さまざまな色の種類が豊富なガーデンシクラメン

是非楽しんでみてください。


ひるまえ直送便 切花 菊

今回は日本を代表する花、菊を紹介します。


9月9日には重陽の節句があります。

菊の花を飾って長寿を願う日とされています。


菊は、様々な品種があり、色も豊富にあります。

中国地方でも育てており、品種は約100種類あります。


菊の種類を少し紹介したいと思います。

こちらが「菊」と言われて皆さんがイメージする菊です。

VR_MOVIE.mpg_000079268

蕾の部分から咲いていく姿を楽しんでもらいたい花です。


次に丸い形が特徴的なピンポン菊です。

VR_MOVIE.mpg_000107968

VR_MOVIE.mpg_000118049

ピンポンのような丸い形を楽しんでいただければと思います。

今からですと、お月見の花にもちょうどいい花です。


次にポンポン菊です。

VR_MOVIE.mpg_000129847

色々な花色があるので色を楽しんでもらいたいです。


最後にいろいろな菊を使ったアレンジを紹介します。

VR_MOVIE.mpg_000164963

秋ということで、枝物も使っています。

このアレンジの花はほとんどが菊を使っています。

普段はお供えの花としてのイメージがありますが、様々な色を合わせてアレンジすることで

また違った明るいイメージになります。

また、バスケットにアレンジすると洋風になりイメージが少し変わって見えます。


9月の銀行の引落しについてのご案内

無題


お盆の引落しのお知らせ

お盆のお知らせ_2015

.


ひるまえ直送便 切花 リンドウ

 

夏を代表する花の1つ「リンドウ」を紹介します。


7月~10月に出荷されているリンドウは

中国地方でも栽培しており、

特に中国山地沿いの地方で栽培されています。


リンドウといえば・・・・

濃い紫の花が印象的です。

VR_MOVIE.mpg_000058045

 

 

最近では品種改良が進み、たくさんの品種と色が多く増えました。

VR_MOVIE.mpg_000075262

 

 

そのため、結婚式や家でのアレンジメントなどにも使われています。

VR_MOVIE.mpg_000104171

 

アレンジをするにあたっての工夫は・・・

リンドウは段咲きになっており、上から下まで花が咲いています。

そこで、茎をところどころ折って、細かく使うことで

コンパクトでよりかわいいアレンジをすることができます。


リンドウには少し注意する点1つあります。

花には水はけが大事です。

リンドウには下の写真のように節があります。

 

VR_MOVIE.mpg_000154299

 

その節をはさみではなく、手で折ってください。

VR_MOVIE.mpg_000159896

 

そうすることで表面積が広くなり、リンドウが長持ちします!


たくさんの品種があり、アレンジが楽しめるリンドウ

夏に向けてのおすすめの花です!


ひるまえ直送便 鉢物 ハイビスカス 

 

夏に向けて見る機会が多くなってくる「 ハイビスカス 」をご紹介します。


母の日ごろから数が増え、今が一番種類が多く、今が選び時です!

ハイビスカスといえば・・・

赤や黄色が有名ですが・・・

VR_MOVIE.mpg_000064220

 

 

少し変わった複色のハイビスカスもあります。

VR_MOVIE.mpg_000078709

 

~ハイビスカスの管理は?~

ハイビスカスは日光が好きなので、日光の良く当たる風通しのいいところします。

お水は毎日あげてください!

肥料は長く、ゆっくり効くものを使うとお花がもちます。


そこで1つ注意点があります!

お花がしぼんだとき、そのままにしておくと病気などになる可能性がありますので、

お水をあげるときに、花がらを取ってあげてください。

花がらを落ちている場合はお花を取ってあげて、落ちている場合は拾ってあげてください。

そうすることで長く楽しむことができます。


今から夏にむけてぴったりなハイビスカスは

7月いっぱいまで出回っています!

VR_MOVIE.mpg_000192909

VR_MOVIE.mpg_000201003


ひるまえ直送便 切花 「シャクヤク」

 

今が見頃の  「 シャクヤク 」  を紹介します。

 

VR_MOVIE.mpg_000051468

 

豪華で鮮やかなシャクヤクは、昔から美人を表す代名詞として有名です。


蕾では状態ではあまり変化がありませんが、

色や花の形が様々で、

鑑賞用のシャクヤクは200品種もあり、

花が咲くのが楽しみな花です。

 

VR_MOVIE.mpg_000120150

 

よくある質問で

「シャクヤク買ってみたけど咲かない・・・」

という質問がありますが、

実はシャクヤクの蕾には蜜がついているので花が開かないのです。

蕾を濡れたタオルなどで優しく拭いて取ってあげると花が咲きます。

 

VR_MOVIE.mpg_000187085

 

~お花の管理は?~

これから暑くなってくるので

毎日の水やりが大切になります。

下を少し斜めに切ると、表面が広くなり、水あげがよくなります。


最後にピンクのシャクヤクを使ったフラワーアレンジメントをつくってみました。

 

VR_MOVIE.mpg_000216156